logo

〝壊れたロボットの中にいて〟

2015.01.03 Saturday

東出直樹著「飛びはねる思考」を、読みました。

実家で父母が読みかけていたのをみて、

なんの予備知識もなく読みはじめました。

 

数時間で読み終わり、

今までの自分が恥ずかしくなりました。

 

著者は、1992年に生まれ

会話のできない重度の自閉症者でありながら、

文字盤を指差しながら言葉を発していく

文字盤ポインティングやパソコンを利用して、

コミュニケーションが出来ているそう。

 

それには、こんな言葉があります。

・・・・・

自閉症の僕はいつも、

視線に踊らされています。

人に見られることが恐怖なのです。

 

人は、刺すような視線で僕を見るからです。

(中略)

声は、呼吸するように僕の口から出てしまうのです。

自分の居場所がどこにあるかわからないのと同じで、

どうすればいいのかを自分で決められません。

 

僕は、まるで壊れたロボットの中にいて、

操縦に困っている人のようなのです。

・・・・・

 

意識してというつもりは無くても、

その視線は刺すように攻撃的で。

操縦に困っているのは、

まるでこちらの方だと云うような空気が漂っていたかもしれない。

 

そんな気持ちに覆われて、

今までの自分が恥ずかしくなりました。

 

(ほんの小さな気づきです。

それでも、気がつくことが出来てよかったな。)

 

 

↑ page top

美肌室ソラオンラインストアページ 美肌室ソラinstagramページ